【暗すぎない黒髪】就活・実習・インターン・面接。暗くしないといけないけど黒くしたくない方へ。

こんにちは。

Heartim代官山(ハーティム代官山)の美容師佐藤章太(サトウショウタ)です。

「黒染めは嫌だけど暗くしないといけない。」

「前回黒染めじゃないやり方で暗くしてもらったんですけど、明るくできますか?」

これから就職活動を始める方。就職活動が終わり髪を明るくしたい方。

脱色剤や脱線剤を使い明るくしたり、メーカーにもよりますが4トーン以下のカラーで暗くしたり。

その時だけのヘアカラーは簡単にできますが、美容師も、お客様も、もっと先の事を考えてヘアカラーして欲しい。

本当は出来たのにカラーの履歴があって明るく出来ない。

ダメージが気になるなら明るくしないほうがいい。

伸ばしてるなら髪質的に明るくしないほうがいい。

etc…

やれば出来ますけど、その先どうなりたいのか?

パーマやブリーチなど過去の履歴によって、髪の為やお客様自身の為に出来ない事や、カラーやパーマの施術をしない方がいい場合もあります。

ググればすぐに暗髪カラーダメージしないブリーチなど出てきますが、美容室や美容師によって知識も扱う薬剤も変わってきますので美容師が全員お客様の望む施術ができるわけではありません。

お客様の髪の毛

失敗してからでは遅いので、安心して髪を任せられる美容師さんを見つけてください。

私自身も、もっとよりお客様に喜んでいただける美容師になっていきます。

まぁ。

【良くも悪くもヘアカラーに対する日本独特の文化】

ヘアカラーの古くは、紀元前3500年前の古代エジプトの頃にさかのぼりますが、日本のヘアカラーの歴史は平安時代末期の武将(名前は忘れましたが)が「最後の戦こそ若々しく戦いたい」という事で、白髪だった髪の毛を鉱物性の染料で黒く染めたことから始まったと言われています。

そんな流れもあって「日本人=黒髪」社会的イメージが強い。

今日も【暗くしたいけど、黒くしたくないお客様】のヘアカラーをさせていただきました。

【Before】

千葉から代官山までご来店いただきありがとうございます。

店内ではこんな感じ。

これからバイト先でハロウィン営業ということで少し強めの巻きアレンジ。

外だとこんな感じの暗めグレージュ。

おそらく三週間後にはご来店時と同じ髪色か、少し暗い位の髪色でご来店されますが、トーンアップも可能です。

今だけでなく、先の事も考えたヘアカラー提案も大切です。

【御予約方法】

❇︎クリックで御予約フォームへ移動します。

LINE@からの御予約&ご相談はこちらをクリック

   ホットペッパーからの御予約はこちらをクリック

☎︎03-6809-0388

❇︎パソコンで閲覧の場合のLINE追加方法

①QRコード

②LINE ID【@omv4599j】で追加・検索可能です。

LINEからの御予約の方に限り、初回来店時【LINE限定特典】をご用意しております。

【SNSもフォローお待ちしております】

 【Instagram】https://www.instagram.com/shota_heartim/

【Twitter】https://twitter.com/shota_heartim?lang=ja

【住所】東京都渋谷区恵比寿西2-14-10トゥワン代官山3階

【最寄り】東急東横線《代官山駅》徒歩3分、JR恵比寿駅徒歩3分

【電話】☎︎03-6809-0388

公休日】毎週火曜日・年末年始

営業時間】平日12時〜21時/土日・祝日10時〜19時

インスタグラム

髪の毛に関しての御質問、御相談、御予約はLINE@よりお気軽にお問い合わせください☆

友だち追加